tomoneko NOTE・・・手仕事、猫のことなどいろいろ
プロフィール

tomoneko

  • Author:tomoneko
  • '09、8年間の南東北ライフから首都圏に復帰。
    同居は夫:ダーと猫:まりん。手仕事は主にステッチもの。
    NOTE=の手。妖精のお手手に磨きをかけるべく精進中。
リンク
最近のコメント
最新の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
 スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 買っちゃたっ!
2005/09/12//Mon///14:34


なんだかblogの調子が悪い。やっと書けます。
るる~ん♪
前から欲しかった小箪笥が家にやってきた!


妙にまりんに似合ってます。
昨日の朝、小雨降る中市内でやってた骨董市で出会っちゃいました。
庄内からやってきた明治~大正時代のものらしい。
棒箪笥って言うらしい。
引き出しがまとめて開かないように縦棒に鍵がついてます。
傷みは結構あるといえばあるんだけど
大きさとか正面の感じがとっても気に入りゲット。


ダーさんの許可も下りるくらいのお値段です。
持ってかえって掃除したらその一角が大正ロマン。
意外なことに商談中はどこかへ行ってしまい興味なさそうだった
ダーさんがお家に置いたら妙に気に入って
しきりにイイ!を連発。
初めて趣味が合いました(笑

一緒にこんなのも買っちゃった



050912hakkakupinnkusshonn.jpg

氷コップというらしい。乳白色の縁が好き。
そして大正ロマンにインスパイアされて作った
八角針刺し。
着物のハギレなんですがこんな紫の縞々
どんな姐さんが着てたんでしょうか。

ところで箪笥、
今は私の最近できた作業台に鎮座しているのですが
さすがにそこには大きすぎ。
どこに置こうか悩み中~
実はどこに置いても浮く気がします。
あ、中にはこれから糸類を入れるつもりです。
スポンサーサイト





○ 2005/09/12 15:24

なんか最近古い物が妙に素敵に見えます。なんか味が有っていいのよねぇ~。
糸が収まったら中も見せてね。


yumin | [ Edit ]
○ 2005/09/12 16:08

シンプルな金具がいいです~~
派手な金具のはよく見るけど、こういうのあんまりないよね。その当時は実用的な地味なデザインなんだろうけど、とーーってもモダンです。
最初は(自分の中で)違和感あっても、古いモノってすぐに生活に馴染んでいくような気がする。

さすが庄内にはまだまだお宝が眠ってるんだ!頑張って焦らず探してよかったね~
針山も雰囲気ばっちりん。

吉まま | [ Edit ]
○ 2005/09/12 18:07

年々古いものに心癒されます。
それにしても いい物見つけてくるねぇ~
うらやますぃ~!
・・・・私も薬箪笥のリペアが終了したそうです~♪が・・・貧乏なので引き取りに行けましぇん(泣)

はるよ | [ Edit ]
○ 2005/09/12 20:36

*yuminさん
骨董趣味は無いはずだったのですが、箪笥は前から欲しかったの~。
かなり使い込まれていい味だしてます。

*きっちママさま
吉ままの小ダンスほどシンプルじゃないけど、なかなかでしょう?
探し回ったわけでないけど、出会えて嬉しいです。東北の箪笥は結構コッテコテの装飾が多いよねえ。
シンプルなのは使い倒されてるのかしら?これもかなり使い込まれてます。
出品してたお店は宮城の多賀城だった。

*はるよさん
薬箪笥!いいなあ。好きだわー。引き出しがいっぱいって何故か惹かれるものがあります。
リペア、これも必要そうだけど味ってことでそのままでーす。


tomoneko | [ Edit ]
○Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する


Trackback
trackback_url
http://tomoneko.blog2.fc2.com/tb.php/207-25e9561c
[TOP]
copyright (C) 2006 tomoneko NOTE all rights reserved. [ template by *03 ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。